HTBエナジー
     
採用情報採用情報
採用情報

仕事を知る

営業販売部

未来を見据えて、会社の発展につながる戦略を練る司令塔

仕事
内容

  • 新規代理店開拓
  • 既存代理店管理
  • 契約獲得のための交渉・戦略立案

HTBエナジーは、代理店の皆さんにお力添えをいただき、個人や法人のお客様に電気をお届けしています。代理店さんと私たち営業担当がチーム体制で協力しながらつくっていく成績が会社の業績に直結するので、常に数字や目標を意識しています。
代理店さんに寄り添い、そのモチベーションを高めつつ、社内の全部署と連携を図り、電気を使ってくださる個人・法人のお客様に喜んでいただくためにできることは何だろうと日々頭をひねっています。
簡単にクリアできる課題ばかりではありませんが、だからこそ諦めず達成した時の喜びもひとしおなんです。

スタッフインタビュー

企画開発部

時代の潮流を見極め、サービスを創造するクリエイター

仕事
内容

  • 商品プラン開発
  • 情報発信・PR
  • 集客のための広告宣伝計画やWebプロモーション

営業とはまた違う形で「攻める」部署です。大きな柱としては、商品開発や広告宣伝があります。
多くのお客様にHTBエナジーの良さや商品の魅力を伝え、集客を図り、ひいては会社の利益へとつなげていく大切な仕事です。比較サイトの運用、Web上の広告効果の検証を毎日行い、より効果的な手段を模索するなど、毎日大忙し。企画脳と数字脳の切り替えは難しいですが、忘れちゃいけないのは「お客様目線」。
12〜14時のコアタイム以外はそれぞれの裁量で働けるので、幅広い業務に関わることを楽しみながらみんな自由にやっているのが部署の特徴です。

スタッフインタビュー

システム部

便利を追求して環境を整えるコーディネーター

仕事
内容

  • 電力業者向けの基幹システム開発・管理
  • 代理店管理システム
  • 社内インフラ系構築・保守・管理

HTBエナジーの仕事は、いろんな部署が役割分担をして行っていますが、どこもパソコンやシステムを活用しながら効率的に仕事をしています。
またお客様もWebをご覧になってそこから問合せや申し込みをされることが多いです。
私たちシステム部が守っているのは、こうした便利を支える舞台裏。
各部署とシステム開発や保守を手伝ってくれる外部の方々との間をつなぐ役割をすることも多く、「どういうシステムがあればもっとスピーディーに仕事が進むか」「どういう機能をつければお客様に喜んでもらえるか」など、使う人をイメージする毎日です。

スタッフインタビュー

カスタマーサポート部

人々の豊かな生活と電気をつなぐコンシェルジュ

仕事
内容

  • お客様からの各種問合せ対応
  • 一般お申込み・契約関連手続き対応
  • 法人顧客との契約関連手続き対応

現在、弊社サービスをご使用いただいているお客様とこれから検討されているお客様、ご協力いただいているパートナー企業様などすべてのお客様からのお問合せへの対応を担当しています。
どんなご相談にも答え、契約関連の手続きに精通し、HTBエナジーのことをきちんと理解して情報を整理しておく必要があります。お客様の生の声を近くで聞くことができる部署なので、業界における顧客満足度No.1企業を目指す弊社にとってはこの部署が吸い上げてくる情報が肝。
少数精鋭のプロ集団として、個人の役割とチームの役割を理解し、前進しています。

スタッフインタビュー

管理部

会社の成長とスタッフの成長を支えるサポーター

仕事
内容

  • 人事
  • 総務・経理
  • 法務

会社の人・物・金の管理が主な仕事です。社員の管理やお金の管理が仕事なので全部署の社員と関わりがあります。
福利厚生の案内や社員から提出された書類のチェック、また会社の経営を左右する売り上げや経費については、社長や取締役と相談・報告を行っています。
外との関わりとしては、代理店の手数料計算や来客対応なども行いますが、メインのミッションは、社員がいかに安心して働けて、モチベーションを高めてがんばれる環境をつくれるかということに重きを置いています。
少人数の部署なのでしっかり連携をとりながら、協力し合っています。

スタッフインタビュー

需給マネジメント部

空と情報を見ながら明日の電力量を占う予言者

仕事
内容

  • 電力の予測・振り返り
  • 電力の調達
  • 余剰電力の販売

大手電力会社との電源調達の交渉を行ったり、余剰電力を他社に卸販売したりします。
お客様の使われる量をいかに正確に予測し、供給する電気をより安く調達して来られるかが腕の見せ所。
電気は買ったり売ったりする場面で価格が変わるオークション形式なので、買い時や売り時を見抜けるかどうかで会社に残る利益にも影響します。知識や経験が求められる少数精鋭部隊で、この業界ならではの仕事です。
企画部が新しいプランをつくる際や営業部が法人のお客様向けに見積もりを立てる上でも調達予想単価が大事な情報になるので社内的にも頼りにされる仕事です。

スタッフインタビュー